{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602014493034209   整理番号:58A0061337

発振器の位相同期-安定度の高い連続可変発振器への応用

Synchronisation en phase d’un oscillateur. Application a un pilote a variation continue a haute stabilite.
著者 (1件):
資料名:
巻: 13  号: 53  ページ: 212-223  発行年: 1958年
JST資料番号: A0413A  CODEN: ANRDA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: フランス (FRA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
位相サーボ・ループを用いて,発振器をある与えられた周波数に同期させることの可能性を論じた。主要パラメータとして同期帯域,通過帯域,減衰係数,レスポンスの時間などをあげた。いわゆる「積分補償」と呼ばれるフィルタ回路を用いた場合には通過帯域は同期帯域とは無関係とみられ,スプリアスを含まない出力周波数で広帯域の同期をとることができると述ベた
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る