{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602014516270800   整理番号:60A0019010

X線の利用

Xrays perform many tasks at Ford Scientific Laboratory
著者 (1件):
資料名:
巻: 121  号:ページ: 41-43  発行年: 1960年
JST資料番号: A0509A  ISSN: 1099-4130  CODEN: AUINA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
[Fordの科学研究所におけるX線の利用についての紹介。金属弾性諸定数の測定,結晶オリエンテーションと金属組織の流れとの関係,結晶構造におよぼす加工方法の影響,チタン鋼の格子定数の決定,排気ガスによる空気汚染防止用触媒の研究などに利用されている。酸化ボロンガラスで水含有量の諸性質におよぼす影響についてはややくわしく紹介;写3図4]
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る