{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年06月
文献
J-GLOBAL ID:201602014530437653   整理番号:58A0051548

羊毛におけるポリアクリロニトリルの付着 III 開始剤として過硫酸塩を用いたポリアクリロニトリルを含む羊毛の調製とその性質

The deposition of polyacrylonitrile in wool. Part III. The preparation and properties of wool containing polyacrylonitrile deposited with persulphate initiator systems.
著者 (3件):
資料名:
巻: 49  号: 6-Trans  ページ: T265-T278  発行年: 1958年 
JST資料番号: C0365A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
過硫酸塩によると羊毛のセットや過収縮などのメカノケミカルな性質が変化する。またポリマーを付着させると羊毛の防縮性に有効であるがこれは羊毛のD.F.E.が変化するのではなく羊毛繊維の弾性が変化すると考えられる

前のページに戻る