{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602014531147098   整理番号:60A0018531

ベータトロン,像増強器,テレビジョンなどの組合せ使用による,熱間圧延工程中の鋼の非破壊検査

A nondestructive method to detect pipes and cavities in hot steel blooms during the rollingprocess by means of betatronf Xrayimageintensifier and televisionsetup.
著者 (2件):
資料名:
巻: 18  号:ページ: 27-34  発行年: 1960年
JST資料番号: D0020A  ISSN: 0343-3471  CODEN: MAWEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
[圧延機に31MeVのベータトロン,8.7inφの像増強器とオルシコン型のテレビジョンカメラからなる検査装置を設備し,厚さ4~12inの鋼材を連続的に透視検査した結果の報告.4~8in厚の鋼に対して,2~3%のwire penetrameter感度を得た.また厚さの1.5%に当る巣の検出ができた.この場合の最大許容検査速度として40ft/minを得た.また巣の生成に対する鋳造条件の影響を調べた結果を示した]

前のページに戻る