{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年04月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201602014573032177   整理番号:62A0120549

古いシタン材について II

Weitere Untersuchungen an einem alten Pterocarpus-Holz.
著者 (2件):
資料名:
巻: 20  号:ページ: 209  発行年: 1962年
JST資料番号: C0118A  ISSN: 0018-3768  CODEN: HOZWAS  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
この報告ではTirupathiから発見された古いシタン材が,何であるかをさらに詳細に(既に他の実験で大体の見通しはついている)調べるために,三種のシタン材について試験が行なわれ。前記古材がどれにもっとも近いかを検討した.すなわち上記三樹種の材を温水,ベンゾール・アルコール,エーテルでそれぞれ抽出し丸のち,12週間腐朽菌を繁殖させて重量減少および弾性係数の減少状況を調べたのである.その結果前記古材には三樹種のうちPterocarpus macrocarpusが最も高い類似性を示していることがわかった.なおこの実験に用いられた菌はPolystictus versicolorである;図1表1参1

前のページに戻る