{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年08月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
文献
J-GLOBAL ID:201602014583614492   整理番号:58A0059950

アンペックスVR-100型テレビ用テープ録画器の構造

How the Videotape Recorder Works.
著者 (1件):
資料名:
巻: 60  号:ページ: 48-50  発行年: 1958年
JST資料番号: D0485A  ISSN: 0013-5232  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
30~15,000c/sの音声信号は平行(テープ進行方向に対し)に,また直流~5Mcの映像信号は直角に同時に記録する。振幅変調された映像信号は1.5~6.5McのFM波にかえて2in幅のテープ,240c/sで回転する4個の磁気ヘッドにより記録する。超精密加工およびヘッドの回転速度,テープの送り速度の超精密自動制御によりこれが可能となった。テープの寿命は100回,送り速度は毎秒15inである
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る