{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
文献
J-GLOBAL ID:201602014609929381   整理番号:58A0042250

油燃料とシェルタイプボイラ 〔完〕

Oil Fuel and the Shell Type Boiler.
著者 (1件):
資料名:
巻: 32  号: 377  ページ: 224-227  発行年: 1958年 
JST資料番号: C0109A  ISSN: 0017-937X  CODEN: HVENB   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
今回は油バーナの選択基準および各種油バーナについて述べ最後に結論をあげこの記事を終っている。結論は次の通りである。1)油バーナはブラストバーナ使用の傾向にある。2)モジュレーティング制御と自動発火装置が最近,火夫の代りに使われるがこれらはよく管理しなければかえって手だきより悪い。3)ボイラとバーナは両者の原理をよく理解した者が設計すべきである。各炉管内が見られるようにのぞき孔を設ける
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る