{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年04月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201602014641941369   整理番号:62A0131416

中期間電力需用想定の計画と方法

Systematik und Technik mittelfristiger Strombedarfs-prognosen.
著者 (2件):
資料名:
巻: 14  号:ページ: 346-364  発行年: 1962年
JST資料番号: B0475A  ISSN: 0013-7359  CODEN: ENERA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ドイツ連邦共和国のバイエル州および国全体の例を使って需用想定の技術を解説した。まず,需用想定の必要性と短,長期間想定に比し5~15年という中期間需用想定の特質に触れてから,方法について,マクロとミクロ的想定法および直接と間接的想定法の比較,統計的方法の重要性を述べた。ついで具体的方法について,種々の傾向曲線による直接想定の方法をスイス,米国の例をあげて述べ,さらに統計や関数を使った中期間想定の実際を詳述した。また,種々の予想法の結果および諸外国の需用想定の実状にも触れた。;図12表3参38
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る