{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602014688566493   整理番号:60A0119518

ボルト支保性能に対するボルト孔との直径比の影響

Влияние соотношения диаметров штанг и скважин на поведение закрепленной штангами кровли.
著者 (2件):
資料名:
巻: 1960  号: 10  ページ: 31-33  発行年: 1960年
JST資料番号: R0038A  ISSN: 0017-2278  CODEN: GOZHA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ノリリスク・コンビナートのカイエルカン炭鉱では8×15mの柱房採炭(炭層の傾斜8-10°,厚さ4.3m)切羽3つについて,天盤移動観測を継続し,とくに表題の調査を行なった.これは直径差の減少が支保の安定性維持に重要であることを結論している;写1図3参1
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る