{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602014688638095   整理番号:60A0078541

生トマトジュースの色調を客観的色度測定値から計算する新しい式の誘導

Derivation of a new formula for computing raw tomato juice color from objective color measurement.
著者 (3件):
資料名:
巻: 14  号:ページ: 16-20  発行年: 1960年
JST資料番号: C0006A  ISSN: 0015-6639  CODEN: FOTEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
生トマトジュースの色調の範囲内にある主波長,明るさ,刺戟純度を持ったmunsell diskを作製し訓練された観察者が視覚色調採点を行なう。その計算式はT.C.指数と名付けられ,2000×100θ/Lで表わされる。C.I.E.システムで表わすとT.C.=21.6/Yc1/2-3.0/Yc1/2[(Yc-Zc)/(Xc-Yc)]となる

前のページに戻る