{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年04月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201602014701659803   整理番号:62A0033122

流体機械における熱線上による計測技術

Hitssdrahtmesstechnik bei StrOmungsmaschinen.
著者 (1件):
資料名:
巻: 14  号:ページ: 429-433  発行年: 1962年
JST資料番号: B0081A  ISSN: 0006-9612  CODEN: BRWKA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
熱線計測器は時間的にはげしく変動するかまたは極めて小さい風速の測定に適し,測定は定流法または定温度法のいずれかによる.境界層の測定にはしばしば双方とも適す.振幅が平均風速の約10昏以上の流れには定温度法を用いる.熱線計器にはわずかの指示性があるため,回転車の羽根通路の速度模様は静止系の車の直後で副り得る.可動送り装置に取付けた熱線計器と記録装置の組合わせにより境界層や通路での速度模様を直凝記録し得る.半径流送風機における測定の若干例を,通路出口の方位による速度分布,回転羽根周囲の周期的速度,羽根におけるはがれ開始等の例で示す;写4図5参4
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る