{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201602014733375084   整理番号:58A0054749

温度依存性のセラミックによるリアクタンス素子

A Temperature Sensitive Ceramic Reactance Element.
著者 (4件):
資料名:
巻:号:ページ: 168-174  発行年: 1958年
JST資料番号: C0312A  CODEN: JITEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: インド (IND) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
新しいセラミック(チタン酸バリウムに酸化セリウム.酸化亜鉛を小量添加したもの)で作った蓄電器のリアクタンスは大きな温度依存性(変化率3×10-3/°C)を示すので.サーミスタと向様に応用できる容量変化はうなり発振器の周波数変化で検出する.ラジオゾンデの温度測定素子に応用する例を述べだ
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る