{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年04月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201602014744682760   整理番号:62A0112892

たんぱく貿分解酵素による牛肉の柔軟化:2種類の適用方法の効果について

Beef tenderization by proteolytic enzymes : the effects of two methods of application.
著者 (7件):
資料名:
巻: 16  号:ページ: 111-113  発行年: 1962年
JST資料番号: C0006A  ISSN: 0015-6639  CODEN: FOTEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
牛肉切身を焼く前に氷粉砕機で突き刺したのち酵素液で処理すると非常に柔軟度を増した.酵素処理のみまたは突き刺す処理のみでは効果が認められなかった;図2表3参?
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る