{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602014747001969   整理番号:62A0168105

1948年から1955年までのTamanrassetにおける地球磁場の日変化(水平分力)

La variation diurne du champ magnetique terrestre a tamanrasset de 1948 a 1955 (composante horizontale).
著者 (1件):
資料名:
巻: 18  号:ページ: 110-115  発行年: 1962年
JST資料番号: A0404A  ISSN: 0003-4029  CODEN: AGEPA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: フランス (FRA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
Tamanrassetの地磁気水平分力の日変化を二つの方法で研究した。まずEge〓al法を使用したが,これによって三つの季節及び年間について大陰半日変化が示された。この変化は常に弱く約1ガンマで冬に極大,夏に極小がある。第二の方法では観測値を月令に合わせることにより全太陽及び大陰変化を求めた。この全振幅は夏や冬よりは春分秋分の時の方が大きく,その値は30ガンマと50ガンマの間を変動する。大陰半日変化は第一の方法で見出されたものと等しいので実在性が立証される。日変化は同程度の大きさであった;参6
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る