{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年06月
文献
J-GLOBAL ID:201602014757595450   整理番号:58A0061560

カソードホロワの出力時定数の影響

The Influence of the Output Time-Constant of a CathodeFollower.
著者 (1件):
資料名:
巻: 30  号: 370  ページ: 712-714  発行年: 1958年 
JST資料番号: B0452A  ISSN: 0013-4902  CODEN: ELCEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
正の格子電流が流れない範囲でカソードホロワに加えられる正パルスの最大振幅に対する出力時定数λの影響を調べた。簡単なカソードホロワを等価電源回路におきかえ,立ち上り時間Trのパルスに対するこの回路の応答を決定した。この解析は一つのReduction Factorを与え,これは図表式に表わされTr/λの広範囲にわたってパルス入力の最大値を図示的に決定する
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る