{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602014799997507   整理番号:58A0062264

メーサ増幅器中の雑音一理論と実験

Noise in Maser Amplifiers - Theory and Experiment.
著者 (2件):
資料名:
巻: 46  号:ページ: 1588-1594  発行年: 1958年
JST資料番号: D0384A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: オーストラリア (AUS) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
メーサ増幅器中の雑音の理論的取扱いと,アンモニア線メーサの雑音測定”鴨有効入力雑音温度”を定義し使用した。この理論から等価マイクロ波回路反射型および伝送型メーサの有効入力雑音温度,利得を表現した。測定からは,反射型アンモニア線メーサの有効入力雑音温度として約80°Kの値を得た。これは理論的予測値と一致する
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る