{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602014848822769   整理番号:60A0136369

空軍の暖房基準

Two decades of ”friendly fires” develop air force heating criteria.
資料名:
巻: 57  号:ページ: 84  発行年: 1960年
JST資料番号: A0342A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: データシートなど  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
米国陸軍による暖房分野で成された規準は,20年間の大規模な運転経験から結論ずけられた責任持てるもので,如何に多くの技術者に影響を与えているか,はかり知れない。まず中央式機械の概念は1947年第二次大戦中陸軍で試みられ,人件費・運転費・維持費が減少され,また高燃焼度を持つため最低の燃料を使用可能とし,陸軍の燃料費を50%も減じたことなど。1949年高温水使用で蒸気と比較し設備費が安く,燃料費も20%節約,またボイラの維持費も低下させたことや1948年以来スペース暖房に温水を用いていること。格納庫のこと。デーゼルエンジンの廃熱を暖房用に利用したこと等々につき記述する
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る