{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602014883695400   整理番号:60A0087743

ポリエステル樹脂の硬化における過酸化物の役割とその強化プラスチックの物理的性質に対する影響 II ポリエステル樹脂の硬化法

The role of peroxides in curing polyester resins and their influence on the physical properties of reinforced plastics.
著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 9-14  発行年: 1960年
JST資料番号: H0125A  ISSN: 0034-3617  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
今回はポリエステルの室温硬化用として用いられる過酸化物としてメチルエチルケトン,シクロヘキサノン,ベンゾイルの各過酸化物につきそれぞれの化学的性質,硬化特性を説明

前のページに戻る