{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602014907874417   整理番号:60A0074433

ハナヤサイのアスコルビン酸およびカロチン含量に及ぼす諸因子

Factors affecting the ascorbic acid and carotene content.of broccoli.
著者 (4件):
資料名:
巻:号:ページ: 387-390  発行年: 1960年
JST資料番号: C0251A  ISSN: 0021-8561  CODEN: JAFCAU  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
市場での出荷形態,貯蔵時間および調理法などの相違による酸化の条件にともなう損失を検討。損失の65-79%は調理法による。凍結下ではデヒドロアスコルビン酸とジケトグロン酸量にわずかでアスコルバーゼ酵素も存在せず0°F貯蔵によって損失しない
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る