{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年07月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年07月
文献
J-GLOBAL ID:201602014963657593   整理番号:58A0062220

磁気増幅器の解析におけるコア・リセット関数 II増幅器動作の決定

Core Reset Functions in Magnetic-Amplifier Analysis. Part II - Determination of Amplifier Performance.
著者 (1件):
資料名:
巻: 1958  号: 38  ページ: 510-519  発行年: 1958年 
JST資料番号: A0339A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
第1部に示した磁束を変化したときの磁心の振舞に対する表現を用い他の近似法と対比しつつ定常状態の磁気増幅器の動作をいくつかの例について計算したもので極めて良い確度を得ている。また磁気増幅器系をシミュレートする相似形計算機設計のモデル理論が示されている

前のページに戻る