{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602014967499062   整理番号:60A0051325

溶媒および触媒の形成 IVしゅう酸ニッケルおよびそれに基づ く生成物の真空中での分解過程における表面の大きさと構造の変 化

UEber die Bildung von Sorbenten und Katalysatoren IV.Veraenderungen der Groesse und der Struktur der Oberflaeche von Nickeloxalat und seiner Produkte waehrend seiner Zersetzung in Vakuum.
著者 (2件):
資料名:
巻: 25  号:ページ: 1118-1125  発行年: 1960年
JST資料番号: B0288A  ISSN: 0010-0765  CODEN: CCCCAK  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧チェコスロバキア (CSK) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
いろいろの分解段階におけるアルゴンの吸着による考察.分解の過程において吸着の極下が出現し,吸着能の上昇はしゅう酸ニッケルの分解による表面積の増大であり,下降は金属の半融およびしゅう酸塩の減少による

前のページに戻る