{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602015018642993   整理番号:60A0111362

はく(foil)のストリップ巻き製作法によるロケット発動機室の製造

Rocket motor chamber constructed from ”strip-wound” foil.
資料名:
巻: 37  号: 400  ページ: 595-596  発行年: 1960年
JST資料番号: E0101A  ISSN: 0037-3435  CODEN: SHMIA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
米国のRyan航空会社では17-7PHステンレス鋼はくのストリップを点溶接して305,000lb/in3の内圧に耐えるロケット室を製作している。点溶接によればろう付けや樹脂接合よりも高温度に耐えるものができる。ストリップ材としてチタン合金,AM355の処理加工をしたものなどについて研究実施中である;写3
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る