{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602015035956560   整理番号:58A0053707

電気抵抗ひずみ計によるねじり モーメントおよび馬力測定における誤差除去の可能性

Ein Beitrag zur Fehlerbetrachtung bei Drehmoment- und Leistungsmessungen mittels Dehnungsmessstreifen und elektroniacher Kompeneatoren.
著者 (1件):
資料名:
巻: 12  号:ページ: 263-267  発行年: 1958年
JST資料番号: Z0000A  資料種別: 不明
発行国: その他 (ZZZ) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
大型電動機などの監視用として使用される,電気抵抗ひずみ計を扱う時生ずる系統的な誤差を取扱い,軸材,測定位置,抵抗辺,温度,スリップリング,ケーブル,付属回路より生ずる誤差が,総合誤差に与える影響を論じ,補正できるものは補正し,また部品を予め測定することにより誤差を小さくしで測定精度を良くすることが出来た

前のページに戻る