{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602015037581164   整理番号:60A0054848

酸化還元指示薬を用いる陰イオンの容量分析

UEber eine indirekte volumetrische Bestimmung von Anionen mit Redoxindikatoren.
著者 (1件):
資料名:
巻: 23  号:ページ: 299  発行年: 1960年
JST資料番号: A0394A  ISSN: 0003-2670  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: オランダ (NLD) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
硫酸,クロム酸,りん酸イオンに過量の硝酸鉛溶液を加えて沈殿させ,残りの鉛イオンをヘキサシアノ鉄(III)酸イオンとバリアミンブルー指示薬の共存下でヘキサシアノ鉄(II)酸塩溶液で滴定して間接的に上記陰イオンを定量する可能性を報告
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る