{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年02月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年02月
文献
J-GLOBAL ID:201602015049917796   整理番号:58A0004662

超過勤務手当を出すべきか?

Should Your Employer Pay You Overtime?
著者 (1件):
資料名:
巻: 65  号: 24  ページ: 127-128  発行年: 1958年
JST資料番号: B0251A  ISSN: 0009-2460  CODEN: CHEEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
米国では現在,週40時間労働の会社が多く,それ以上の労働に対しては国の定める労働法規によって支払われているが,相当の地位にあるものは法の枠外として手当の保証がない.これらの人達に対しても超過手当を出すべきかについて目下労働省関係官は考慮中という
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る