{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602015079166710   整理番号:60A0037229

歯車の歯元面の負荷強度の研究 III モジュール,ねじれ角,転位置の歯面強さに及ぼす影響

Versuchsergebnisse zur ZahnflankenTragfShigkeit III Einfluss von Modul Schrfigungswinkel und Prof il vers chiebung auf die ZahnflankenTragfghigkeit
著者 (2件):
資料名:
巻: 12  号:ページ: 236-259  発行年: 1960年
JST資料番号: C0146A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
FZG-Pitting試験法により行なった実験結果で,強さはB=U/(b.db1)で表示される。ここにUは伝達力,bは歯幅,db1は小歯車の直径を示す。CK45の材料の歯車にかるモジュールの影響はモジュールの増加に伴いBは下る。またねじれ角の影響はねじれ角が40°になるとBが59%増加する。さらに転位量についても転位によりBが増加することを示す;図6表4参2

前のページに戻る