{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年04月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201602015083389995   整理番号:62A0051851

明日の仕事と技術放電加工

Tomorrows task.
資料名:
巻: 105  号: 47  ページ: 75-76  発行年: 1961年
JST資料番号: D0066A  ISSN: 0026-1033  CODEN: MWPDA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
硬い金属や炭化物の切削において重貴な方法である放電加工は最小±0.0005sin蜜で精密切削「まft±0.0002inまでの公差の切削が可能である.しかし,切削比が小さい,電極の消耗,疲れによる損失などで広範囲の生琵装置に適用されなかった.しかし入力の増加によって切削比の向上が可能であって,ソ述においては3,500mm/血の切削量を4.ooona8/Utとしftことが記載されており,放電加工は英国の機関工業界でも利用されており,その実例としてDeHavl-11andEngine社の技術,DOAI1技術などを紹介;写2
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る