{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602015090853150   整理番号:58A0072436

1958年ブリュッセル世界博覧会におけるアメリカ館のプレストレス屋根の構造計算

Die statische Berechnung eines seilverspannten Daches am Beispiel des US-Pavillons auf der Weltausstellung in Bruessel 1958.
著者 (1件):
資料名:
巻: 27  号:ページ: 98-103  発行年: 1958年
JST資料番号: E0132A  ISSN: 0038-9145  CODEN: STAHA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
設計荷重として35kg/m2の雪荷重,126kg/m2の風荷重,±30°Cの温度変化をとった.2列の円環状に並んだ鋼管を支柱としその上にリング状のトラスがあり放射状にプレストレスしたザイルが配置されリングの中心にある円筒形トラスに固定されている.構造計算の解説

前のページに戻る