{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602015193091207   整理番号:62A0043659

ねじ切り盤によるアルミナ製品の仕上げ法 本誌特別報告 No516

How to finish aluminum screw machine products.
著者 (1件):
資料名:
巻: 106  号:ページ: 113-120  発行年: 1962年
JST資料番号: A0382A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
[(A)機械的仕上げとして,(1)バレル仕上げにおける中性石鹸液,酸化膜を除く食刻液の成分や使用上の注意.部品の材質形状とバレル回転数と仕上げ時間,(2)心なしベルト研削の粒度と研削剤,ベルトの速さなど,(3)バフ仕上げにおけるバフ材質と研削剤,回転数など.(B)化学的仕上げとして,光沢面艶消し面が任意に得られる.部品表層の除去,表面を損傷せずに清浄化,耐食性表面や塗料の吸着をよくすることなど,(2)材質により異なるいろいろの処理法.(C)電気化学的仕上げとして,(1)陽極酸化法の薬液と仕上げ面,(2)陽極酸化膜の厚さと寸法公差,(3)各種の陽極処理,(4)めっきの液と処理法などについて解説;写7図2表1]
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る