{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年04月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201602015234856752   整理番号:62A0143162

走査用空中線のビームの働単な作り方

Beam-forming matrix simplifies design of electronically scanned atnennas.
著者 (2件):
資料名:
巻:号:ページ: 170-173  発行年: 1961年
JST資料番号: C0397A  ISSN: 0013-4872  CODEN: ELODA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
大きくて操縦できるアレィアンテナでは.あらゆるビームに対して電力分割と位相推移のヨトリクスが必要となり.その部品の数は天文学的数字になる.ここでは3端子分割器の代りにハイブリッド分割器マトリクスを用いて部品数を徽底的に少なくした,64×64のアレイでは.50万個の三端子分割器のかわりに25,000個のハイブリッドですむ;写3図10表1
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る