{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602015253554686   整理番号:60A0033547

新しい炭酸ガスふん囲気アーク溶接法

Un nuovo procedimento di saldatura
著者 (1件):
資料名:
巻: 14  ページ: 381383385387  発行年: 1959年
JST資料番号: D0001A  ISSN: 0024-8959  CODEN: MCHNA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: イタリア (ITA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
Arcosarc法の解説.電極は直径1/81 5/32”,3/16“で,複雑な断面に作ってある.この電極針金のガイドをめぐってケーシングがあり,ケーシングと電極のガイドの間をC02ガスが流出する.作業がきわめて安全であるので自動化に適する.目で見ながら作業を進行できること,作業が簡単で仕上がりが良好,経済的である次どの利点がある;写3図9/表2
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る