{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602015279487707   整理番号:62A0161036

ボリウレタンフォームの触媒としてのカプリル酸第一すず

Polyurethane foam uses tin octoate as catalyst.
資料名:
巻: 1962  号: 55  ページ: 7-10  発行年: 1962年
JST資料番号: H0265A  ISSN: 0040-7941  CODEN: TIUSA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ボリウレタンフォームの触媒としてはアミン系触媒が従来使用されていたがある種の有機すずが触媒として非常に有用であることが判った。即ちカプリル酸第一すずを触媒として試験した結果最も優秀なアミン系触媒に較べて約10000倍の効果があることを発見したポリウレタンフォームはイソシアネートと高分子量グリコールとを反応させてウレタンプリポリマーを生成させ,これに水を作用させて重合させ同時に発生するCO2によって発泡させるものである。触媒はこの反応を促進させるもので研究の結果従来のアミン系の触媒とカプリル酸第一すずとの混合触媒が最も効果が大きいことが判った;写3図2
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る