{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
文献
J-GLOBAL ID:201602015302510118   整理番号:58A0057827

下院における新しい呼出信号

The New Signalling System for Divisions and Counts in the House of Commons.
著者 (3件):
資料名:
巻: 51  号:ページ: 163-167  発行年: 1958年 
JST資料番号: D0348A  ISSN: 0032-5287  CODEN: POEJA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
従来英国下院では議員の呼出用として定員集合時には25秒継続のベルを1回,採決時には25秒継続のベルを10秒隔で4回鳴らせていた。これは識別が困難であったので新しく3c/sで55秒継続,10秒停止,55秒継続のベルと,3c/sで4秒継続,2秒停止を繰返す1分間のベルとにあらためた。本論文ではこの変更の経過および使用した機器の概要を述べた

前のページに戻る