{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602015307997791   整理番号:62A0155652

Au-Pt 系におけるカーケンダール効果と原子拡散 II 濃度と浸入距離曲線および拡散係数

Kirkendall effect and diffusion in the gold-platinum system. II. The concentration penetration curves and the diffusion coefficients.
著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 643-652  発行年: 1961年
JST資料番号: A0316A  ISSN: 0001-6160  CODEN: AMETA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
相互拡散を行なった後のAu-Pt対の各部分の組成を分析すると,濃度-浸入距離曲線にはmiscibility gap にもとづく不連続点が生ずる。この曲線をMatanoの方法によって解析するとAu,Ptの全体的拡散係数が求められる。他方印線をつけた面の移動(カーケンダール効果)および印線面での濃度および濃度こう配からAu,Pt各々の拡散係数が求められる。カーケンダール効果の大きさを表わす変数を導入し,これを実験から求める方法を述べる;写1図9表9参18
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る