{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602015309850569   整理番号:60A0105059

Two-Way通信方式の送信電力制御

Transmitter power control in two-way communications system.
著者 (2件):
資料名:
巻: CS-8  号:ページ: 48-56  発行年: 1960年
JST資料番号: C0239A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
見通し外散乱通信方式では伝搬路でフェージングが起こると受信機の高周波信号レベルが低下して障害となる.このため現在の方式ではひどいフェ_ジングのときの受信信号を維持するに必要な出力を連続的に送信している.両方向に通信する無線回線では負帰還制御によってフェージングにしたがって送信電力を変化させると,高い送信出力による干渉や,維持費の問題が解決できる利点がある.この自動制御装置とその動作の解析結果を示した
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る