{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602015315076859   整理番号:60A0101680

指数関数多項式による補間法とその電気回路合成問題への応用

Метод интерполирования функций э кспоненцяаль ными полиномамн и его применение к задачам синтеза электриаеских цепей по временным харак теистякам.
著者 (1件):
資料名:
巻: 15  号:ページ: 61-66  発行年: 1960年
JST資料番号: R0089A  ISSN: 0033-8486  CODEN: RATEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
等間隔にならんだ捕間点における時間関数の値とその一次微係数の値とが与えられたときにこの関数を指数関数の多項式で表わす方法を研究した.電流ギャップからsin2パルスを発生する線形四端子網の合成問題に対する応用を述べた
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る