{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602015331960149   整理番号:60A0027787

化学燃料によるロケット機関に関する技術の現状

Chemical propulsion State of the art.
著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 42-46  発行年: 1959年
JST資料番号: Z0000A  資料種別: 不明
記事区分: 解説  発行国: その他 (ZZZ) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
米国の過去における進歩の状況の検討と将来の発展の模様を予測,現在とくに,液体および固体燃料ロケット機関の設計で問題となっている事項を詳細に検討.これらは,ロケット機関のノズルの先端に円すい形のプラグを装備して推力を高める問題(プラグノズル)燃料タンクがロケット本体の構造の一部となる問題,液体燃料タンク内の圧力を高めるために気のうを用いる問題,推力の方向を変える方法,固体ロケット機関の推力の調整問題など;図12表1
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る