{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602015401482002   整理番号:60A0026578

自動車機関の燃料こついての二三の考察

Alcune osservazioni sull’impiego dei combustibili per motori d’autotrazione.
著者 (1件):
資料名:
巻: 13  号:ページ: 172-176  発行年: 1960年
JST資料番号: B0038A  CODEN: ATAUA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: イタリア (ITA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
タリアの燃料不如意の事情について大勢を記し,新しい燃料の開拓の見地からカソリン機関を改造して液化ガスおよびメタンを燃料とするばあいの改造要領(蒸発装置,空気混合装置,温度調整装置)と機関性能上の影響を説明し,次にディーセリレ機関への転用として,この圧縮比を低くし(18:1より101)着火装置をとりつけてガス燃料を使用するばあいの改造要鎮(気筒ヘッド改造,カムおよび力の軸改造,冷却系統およびサーモスタット改造など)とトルク(15%向上)その他の性能上の変化を解説し,排気ガスの性質改善を指摘し,ガソリン機閨のガソリン使用時の燃料節約方策として圧縮比の増加(17:1まで)を提案している;図2
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る