{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602015406180659   整理番号:60A0071110

石炭中の硫化鉄性いおう定量のMott法の改良

A modification of Mott’s method for the determination of pyritic sulphur in coal.
著者 (2件):
資料名:
巻: 38  号:ページ: 425-428  発行年: 1959年
JST資料番号: C0023A  ISSN: 0016-2361  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
二つの微粉炭試料を用いて一方を塩酸で,他方を硝酸で抽出し,両抽出物中の鉄含有量の差より硫化鉄性いおうを算出するMott法を改良し,単一試料を最初塩酸で抽出しろ過洗浄後,さらに硝酸で抽出し,硝酸抽出物中の鉄含有量より硫化鉄性いおうを算出する改良法を提案.労力の節約になる.方法および試験結果.両法の比較など;表1参8
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る