{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年04月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201602015428245002   整理番号:62A0023855

水蒸気中におけるCr-Mo鋼の酸化の速度と機構

Ssybkosc i mechanizm utleniania sie stall chromowo-molibdenowej 2 1k Cr-1 Ho 10H2M w parze wodnej.
著者 (1件):
資料名:
巻: 1961  号:ページ: 239-247  発行年: 1961年
JST資料番号: H0073A  CODEN: PIHUA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ポーランド (POL) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
[蒸気中における2.25%Cr-1.0%Mo〓の酸化動力学を500~700°Cの範囲で研究し,また各温度で形成されるスケールの組織と成分とを測定した。試料は一定温度で蒸気の連続作用を受けるものとし,熱天びんを用い-定間隔で秤量した.スケールの構造は金相学的,X線,分光そして化学的方法で測定した.結果として,(1),各温度における加熱初期の期間(20h)では鋼の酸化は放物線法則から逸脱したが,期間後の500~700°Cの各温度においては放物線的であった.(2),Kp係数の観察から600°Cにおいて酸化機構に変化があった.(3),試料鋼は560°Cまでは耐熱材と認められた;図14表3参15](重)
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る