{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年04月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201602015458927442   整理番号:62A0069008

水溶液中における錯体の研究のための塩類凝固点降下法の限界

The limitations of salt cryoscopy for the study of complex species in aqueous solution.
著者 (1件):
資料名:
巻: 19  号: 3/4  ページ: 348-358  発行年: 1961年
JST資料番号: C0301A  ISSN: 0022-1902  CODEN: JINCAO  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
凝固点降下法を多核錯体の研究に使用する場合の結果の取扱い方.凝固点降下法は決定的な結論よりはむしろ暗示的な結論を与えるのみであることを電位差滴応などと比較して論じた;図2参29
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る