{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602015475016895   整理番号:60A0107139

Delhiの標懲電波センター

Standard frequency and time transmission centre, ata, Delhi.
著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 67-70  発行年: 1960年
JST資料番号: C0312A  CODEN: JITEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: インド (IND) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
従来インドには標準電波局が無く.東京とTurinoの間における国際標準時サーピスエリアの大きなギャヅプをなしていた.最近国立物理学研究所によってDelhi近近郊のkalkajiに新しい標準周波数および標準時刻センター(コールサインATA)が開設された,局の設置場所は9交通機関による震動の影響がなく.かつA.C.電源が安定であることから選ばれた.主水晶発振器の安定度は1日当り3×10-10,送信周波数5Mo送信電力2kW
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る