{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602015526573271   整理番号:60A0119614

R.P.Roumaine鉱業所のFe,Fe-Mn,Mn鉱石の高温変態について

Studiul transformarilor minereurilor de mangan,fiermangan si fier din R.P.R.in timpul incalzirii.
著者 (2件):
資料名:
巻:号:ページ: 281-300  発行年: 1960年
JST資料番号: A0517A  ISSN: 0039-4033  CODEN: ARRMA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ルーマニア (ROU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
上記鉱山で産出する鉄鉱,Mn鉱,Fe-Mn鉱の加熱中に起こる変態を熱膨脹計によって測定す.500°C以上になるとrhodocrosite,菱鉄鉱が分解し始める.一般に加熱とともに体積は減少するがFe2O3,FeまたはMnと化合しているけい酸塩が多い場合はFe3O4がFe2O3になるので体積は膨脹する;図17表1参8
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る