{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年12月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年12月
文献
J-GLOBAL ID:201602015532331883   整理番号:58A0061799

特殊な変調法における90°位相回転の意義

Die Bedeutung der 90°-Phasendrehung bei speziellenModulationsverfahren.
著者 (1件):
資料名:
巻: 67  号:ページ: 42-48  発行年: 1958年
JST資料番号: C0116A  CODEN: HOELA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: 東ドイツ (DDR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
各種の変調法を総合的に考察してこれより個々の場合に見通しを得る目的で,単側波帯変調法につきフィルタによる方法,移相法,二次形式変調法,90°広帯域移相法(単側波帯変調と受動回路網による両方法),単側帯波選出法につき述べている
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る