{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602015585277813   整理番号:60A0098453

開閉異常電圧許容値と絶縁試験

Permissible switching overvoltages and dielectric tests.
著者 (1件):
資料名:
巻: 47  号:ページ: 231-238  発行年: 1960年
JST資料番号: B0103A  ISSN: 0007-2486  CODEN: BRBOA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: スイス (CHE) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
筆者はBBC社や他社の測定結果を総合して,変圧器や計器用変成器を含む各種高圧装置に対し,開閉異堂電圧に対する最小絶縁耐力として,全被衝撃試験電圧の85%のさらに15%減が適当であるとして,開閉異常電圧をこの電圧以下に保っように注意すれば,通常の機器絶縁を破壊することはまつないと考えた.こ〓に開閉異常電圧に対する機器の絶縁責務と,開閉異常電圧を模擬した試験電圧,および等価試験にっき論じ,機器の絶縁耐力からみた開閉異常電圧の最大許容量に対する考え方を明かにした
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る