{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年04月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201602015601010920   整理番号:62A0173075

ガラス壁をつる

E〓ngende Verglasungen.
資料名:
巻: 14  号:ページ: 126  発行年: 1962年
JST資料番号: B0185A  ISSN: 0005-6766  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
階高一杯に一枚の板ガラスでファサードを作る方式が示される。ガラスが大きくなると,振動や風などの外力が大きく,その工事は急に困難なものとなる。とくに,サッシとの寸法誤差が問題となる。ここに示す方式はガラスの上端でチャックによりつるものであり,下端は浮いている。この方式は容易に行なえ、外力にも丈夫である;写2 図1
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る