{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602015610431067   整理番号:60A0032440

米国における浸炭技術の展望

Beobachtung zur Technik der EinsatzstShle in den Ver-einigten Staaten.
著者 (1件):
資料名:
巻: 26  号:ページ: 244-245  発行年: 1960年
JST資料番号: E0070A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: スイス (CHE) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
[1957年11月にシカゴで開かれた第2回世界金属会議では浸炭処理法などについて多くの委員会が開かれた。特にその変形,加工性,鋼種の選定,歯車への適正な応用について議論が行なわれた.これはその報告である.まず,浸炭鋼の焼鈍について述べ,次に浸炭についてAISI/SAE4000,4400,4500,4600,4800などのNiを含まぬものが,0.5%程度のNiを含むAISI/SAE4118,4300,4700,8600,8800などをガスによって浸炭する方法を示し,さらに硬化の方法に触れ,残留応力と変形についても簡単な説明をつけ加えている;図1]
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る