{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602015616636469   整理番号:60A0029581

船用ディーゼル機関に低質ボイラ燃料の利用

Использование жидких низкосоротных котельных топлив в судовых дизелях.
著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 17-20  発行年: 1960年
JST資料番号: R0031A  ISSN: 0131-1336  CODEN: EGMSA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
船用ディーゼル機関に,不純物を除いて,予熱した重油を利用しだ経験を紹介し,この場合の追加設備費と機関の大きな摩耗は重油とディービル油の価格差によって補償しうることを説明した。使用に先立って,重油の組成をしらべた結果,有害なものは灰分だけでその他の成分は重大な影響がない。灰分は少量であっても除去しなければならないが,50%以上を除去することは不可能である.3年間にわたり鼠000tの重油を使用した例があるが,その際除去した灰分は5.4tであった;園7表2参6
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る