{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
文献
J-GLOBAL ID:201602015630740732   整理番号:58A0060245

立体音響など二つのチャネルを得るだめに並列ブッシュブルを用いだ出力回路

For Stereo, the Bi-Ortho Output Circuit.
著者 (1件):
資料名:
巻: 42  号: 11  ページ: 22-23,81,82  発行年: 1958年
JST資料番号: A0488A  ISSN: 0004-752X  CODEN: AUDIA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ブッシュブルの可聴周波増幅器に放送で用いられているSimplexの技術を適用し,一つの並列ブッシュブル装置の出力管の陽極回路,陰極回路から二つのチャネルをと〓出して立体再生に用いた.高忠実度増幅器に応用した実例として終段に6Bx7を使用した出力8Wの回路について解析および各部品の説明をした
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る