{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年04月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201602015758602740   整理番号:62A0099132

エチレンオキシドガヌによる殺菌 I 濃度と温度の影響

Ethylene oxide gaseous sterilization.I.Concentration and temperature effects.
著者 (2件):
資料名:
巻: 10  号:ページ: 337-341  発行年: 1962年
JST資料番号: A0427A  ISSN: 0003-6919  CODEN: APMBA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ガラヌ粒の表面に附着乾燥させたBacillus subtilis visnigerの胞子を用いて,胞子の失活に要する時間と反応温度およびエチレンオキシドガヌ濃度との関係を検討。エチレンオキシドの比較的高濃度の時は18-57°Cの範囲で温度と死滅に要する時間の対数との関係は1つの屈折点を有する直線になる事を示唆;図3表1参9
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る